pianofisica

Mathematics & Physics, Maxima, a bit Python & Wolfram, and Arts

ピアノ学習者のための無料楽譜リンク集:ドビュッシーのピアノ曲集

ピアノ学習者のための無料楽譜のリンク集を作成しました。本記事ではIMSLP(国際楽譜ライブラリープロジェクト)のドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862-1918)のピアノ作品のページにリンクしています。

imslp.org




楽譜pdfダウンロードの手順

本記事のリンク先では、以下の手順にしたがって楽曲のpdf楽譜を無料で入手することができます:まず、記事本文中の楽譜へのリンクをクリックすると、次のようなIMSLPのページが表示されます。

f:id:pianofisica:20200629105407p:plain

同じ楽譜でもいくつかpdfのバージョンがあるので、画質やファイルサイズ等を見比べ、気に入ったものをクリックします。いまの例の場合、上から2つ目のバージョンを選んだとして、次に示す赤枠で囲った部分をクリックします:

f:id:pianofisica:20200629105634p:plain

すると次のような免責事項の確認が表示されます。

f:id:pianofisica:20200629105656p:plain

赤枠の部分

f:id:pianofisica:20200629105737p:plain

をクリックして免責事項に同意すると、15秒のカウントが始まります

f:id:pianofisica:20200629105848p:plain

少し待つと次のような表示に変わり

f:id:pianofisica:20200629110036p:plain

楽譜のpdfを表示する準備が整います。赤枠の部分をクリック

f:id:pianofisica:20200629110115p:plain

すると次のような楽譜のpdfが表示されるはずです。

http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/2/21/IMSLP164414-PMLP293892-beyerimslp.pdf

あとはpdfをご自身のPC等に保存して利用することができます。

もちろんコピー機等で印刷することも可能です。


ドビュッシー(1862-1918)

クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy1862年8月22日 - 1918年3月25日)は、フランスの作曲家です。長音階短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれることのない自由な和声法などを用いて独自の作曲を実行し、その伝統から外れた音階と和声の用い方から19世紀後半から20世紀初頭にかけて最も影響力を持った作曲家です。ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもありますが、本人は印象主義音楽という概念に対して否定的であり、テクスト(詞)やテーマの選択は象徴派(象徴主義)からの影響が色濃く反映されています。

ja.wikipedia.org

ロマンティックなワルツ(Valse romantique)1890年

Valse romantique (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

2つのアラベスク(Deux Arabesques)1888-91年

2 Arabesques (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

2つのアラベスク - Wikipedia


ベルガマスク組曲(Suite Bergamasque)1890年

『ベルガマスク組曲』(仏: Suite bergamasque)はドビュッシー初期の作品で、次の4曲からなっています:

Suite bergamasque (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

忘れられた映像(Images oubliées)1894年

次の3曲からなる曲集です:

  1. レント(Lent)
  2. ルーヴルの思い出(Souvenir du Louvre)
  3. 嫌な天気だから「もう森へは行かない」の諸相

Images oubliées (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

ピアノのために(Pour le piano)1896-1901年

  1. 前奏曲 (Prélude)
  2. サラバンド (Sarabande)
  3. トッカータ (Toccata)

Pour le piano (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

ピアノのために - Wikipedia

版画(Estampes)1903年

《版画》(仏:Estampes)は、1903年に完成されたクロード・ドビュッシーピアノ曲集であり、《映像》とともに印象主義音楽のピアノ曲の書法を確立した作品で、次の3曲からなっています:

  • 塔(パゴダ)(Pagodes)
  • グラナダの夕べ(La soirée dans Grenade)
  • 雨の庭(Jardins sous la pluie)

Estampes (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

版画 (ドビュッシー) - Wikipedia



映像 第1集(Images)1905年

  • 水に映る影(Reflets dans l'eau)
  • ラモー賛歌(Hommage à Rameau
  • 動き(Mouvement) 

Images, 1ere série (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

映像 第2集(Images)1907年

  • 葉ずえを渡る鐘(Cloches à travers les feuilles)
  • 荒れた寺にかかる月(Et la lune descend sur le temple qui fut)
  • 金色の魚(Poissons d'or)

Images, 2ème série (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

子供の領分(Children's Corner - Petite suite pour piano seul)1906-08年

  • 第1曲 「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」 (Doctor Gradus ad Parnassum)
  • 第2曲 「象の子守歌」 (Jumbo's Lullaby)
  • 第3曲 「人形へのセレナード」 (Serenade of the Doll)
  • 第4曲 「雪は踊っている」 (The Snow is Dancing)
  • 第5曲 「小さな羊飼い」 (The Little Shepherd)
  • 第6曲 「ゴリウォーグのケークウォーク」 (Golliwogg's Cakewalk)

Children's Corner (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

子供の領分 - Wikipedia

レントより遅く(La plus que lente)1910年

La plus que lente (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

2つの前奏曲

[https://ja.wikipedia.org/wiki/前奏曲_(ドビュッシー):embed:cite

前奏曲集 第1巻(Préludes 1)1909-10年

Préludes, Livre 1 (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download


亜麻色の髪の乙女』は曲集の第8曲目に収録されています。

英雄的な子守歌(Berceuse heroïque)1914年

Berceuse héroïque (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

負傷者の服のための小品(Pièce pour le vêtement du blessé)1915年

Pièce pour le Vêtement du blessé (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

エレジー(Élégie)1915年

Élégie (Debussy, Claude) - IMSLP: Free Sheet Music PDF Download






みなさんのピアノ学習のお役に立てればさいわいです。


次の記事ではピアノ教則本・練習曲から、発表会でも演奏できるクラシックの定番曲の無料楽譜リンクを掲載しています:

pianofisica.hatenablog.com

また以下の記事ではクラシック音楽の作曲家100人を案内しています。本記事でとりあげているドビュッシー音楽史のなかでどのように位置付けられるのか、本記事と併せて眺めていただくことで、その概略をみることができると思います:

pianofisica.hatenablog.com


キーワード:ピアノ、無料楽譜、IMSLP、ドビュッシー